お問い合わせ
JP EN

© 2018 Oriental Consultants Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved.

プロジェクト

海外新規開拓

[インドネシア国]大学の施設整備事業から継続・発展し、 同国初の大学施設のスマート化を実現。

ハサヌディン大学Center of Technology棟と校舎の屋上に設置された太陽光発電設備。

急速な経済成長を遂げるインドネシアでは、エネルギーの安定供給が国家的な課題です。2008年より参画したハサヌディン大学工学部整備事業では、キャンパスの計画・施設の設計及び入札管理補助・施工監理を担当。これを重点化プロジェクトとして発展させ、校舎のスマート化を提案しました。スマートメーターとEMS※によりエネルギー消費量を見える化し、屋上には小規模太陽光発電の簡易システムを導入。さらに、CSR活動として寄附講座を設立し、国際エンジニアの育成やスマート化事業の持続的な運営を支援しています。

※EMS…E nergy M anagement S ystemの略。国際規格化されたエネルギー管理体系のこと。エネルギー使用に関して、方針・目的を設定し、計画・順序を決めて管理する仕組み。

大学学長のドゥウィア・アリス・ティナ様から、感謝状が授与された。