お問い合わせ
JP EN

© 2018 Oriental Consultants Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved.

プロジェクト

インフラ整備・保全(道路系)

地方自治体職員の負担を最小限にするシステムの開発

橋梁一覧画面。簡易検索も可能。

橋梁点検の法令整備に伴い、各自治体では、限られた予算と職員でも対応可能な、効率的な維持管理の検討が求められています。そこで、「橋梁維持管理計画最適化システム」を導入すれば、地方自治体の担当者が定期点検の結果をふまえ、損傷が軽いうちに対策できる「予防保全」型の橋梁施設計画を個別に策定することが可能に。その後、重大な損傷が発生した場合でも、ICTの活用により、迅速かつ効率的な計画の見直しを支援することができます。

現在、橋の修繕作業においては、①最新の点検結果が計画に反映できない②事業進捗が不透明である③想定以上にコストが変動するなどの問題点が存在します。そこで、点検結果のデータベース化から、計画の策定、帳票の出力までを、同一のシステム上で一括対応できるようにしました。加えて、データの編集やソート化、各自治体における予算の実情や橋梁の状態をふまえた修繕計画の作成などの場面で、作業の効率化に成功しました。

事業計画画面では、橋の優先順位別に年度ごとの事業費を表示することが可能。