お問い合わせ
JP EN

© 2018 Oriental Consultants Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved.

プロジェクト

交通(高度化・総合化)

学会活動や社会実験などを契機として、従来にない各種の交通安全デバイスを提案。

ラウンドアバウトの社会実験は、軽井沢町、焼津市、守山市など各地で実施された(写真は軽井沢町)。

「ラウンドアバウト」は円形の平面交差点のうち、円形部分にある環道を時計回りに通行するものであり、出会い頭事故などの重大事故を削減し、安全性を確保します。また、「二段階横断施設」は、交通島を設置することにより、横断歩行者にとっては横断距離が短くなるとともに、安全確認をしやすくなり、横断歩行者関連の重大事故が削減されます。オリエンタルコンサルタンツはこれらの導入に学会活動を通じて中心的に携わっています。「ラウンドアバウト」は複数の自治体で導入され、「二段階横断施設」は国で導入が検討されています。このほか、「横断歩行者感知式注意喚起システム」を提案しています。これは、歩行者や自転車をセンサーで感知すると道路鋲が発光し、標識に「横断者注意」と文字で表示してドライバーに知らせるものです。雨の夜など視界が悪い状況で、特に事故防止に効果があります(大学・メーカーと共同開発、特許取得)。道路交通法改正や新たな交通安全施策により、全国で導入箇所が増加しています。

乱横断による事故の削減を目的として設置される「二段階横断施設」は、国で導入が検討されている。