お問い合わせ
JP EN

© 2018 Oriental Consultants Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved.

プロジェクト

海外新規開拓

トルコ国民150年の夢、ヨーロッパとアジアを結ぶ ボスポラス海峡横断鉄道が開業

ボスポラス海峡横断鉄道のトンネル沈設状況。

人口約1,400万人のトルコ最大都市イスタンブールは、ボスポラス海峡によりヨーロッパ側とアジア側に分断されており、これまで海峡を横断する手段は、2つの吊橋と船しかありませんでした。しかも濃霧や降雪など気象の影響を受ける地域のため、交通手段の改善が求められてきました。オリエンタルコンサルタンツは日本のリードパートナーとしてトルコの現地コンサルタントと協力し、2002年3月より、ボスポラス海峡横断地下鉄とその両側にある国鉄の改修工事において、基本計画・入札・施工監理業務に携わりました。当初は2009年の開業を予定していましたが、史跡発掘の影響で大幅に遅延。その後2013年10月29日にボスポラス海峡横断\地下鉄の部分が開業し、その開通式典には日本から安倍首相も出席され、お祝いの言葉を述べられました。この海峡横断鉄道は、1860年のオスマン帝国時代からすでに当時の技術者によって構想されていた計画。日本の協力の下、150年の月日を経てトルコ人の夢が叶えられました。

開通記念祝賀パーティでは、ユルドゥルム運輸大臣と廣谷社長が握手を交わすシーンも。