お問い合わせ
JP EN

© 2018 Oriental Consultants Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved.

プロジェクト

インフラ整備・保全(道路系)

ICTによる点検・診断技術を活用し、 インフラ維持管理事業をマネジメント

ACKグループでは、数年前より道路などの維持管理に着目し、タブレット端末やクラウドコンピューティングなどICTを活用した、インフラ保全の研究開発を進めてまいりました。高齢化インフラの増加により、効果的・効率的な維持管理が求められるなか、インフラ保全の総合的なサービスの提供を目指し、埼玉県上里町にご協力いただき、道路維持管理に関する実証実験を行っています。これは、当社グループが保有する「道路維持管理システム」を、一定期間中、上里町で活用いただき、管理者目線で検証を行うもの。巡回点検支援、定期点検支援、遠隔診断、異常検知などのシステムを実際に使っていただき、職員がシステムを評価。さらに、今後の道路維持管理に対するマネジメントのあり方などを検討しています。

[巡回点検支援システム]道路の巡回点検時に発見、あるいは住民からの通報により確認した舗装・標識・照明の不具合などの記録や対策結果を管理するシステム。自動化による業務の効率化、スムーズで正確な対応を支援する。
[遠隔診断システム]現場の点検者と、離れた場所にいる診断の専門家や行政担当者とを結び、画像や音声でリアルタイムに指示。構造物の損傷・劣化の発見時に的確かつ緊急の対策が可能に。蓄積データの活用でスキルが向上する。
道路監視カメラの映像を解析し、車両の急激な減速や回避行動から路上の異常事態を検知し、道路管理者に通報するシステム。自動検知のため、常時カメラ映像を監視する必要がなく、迅速に対応できる。