お問い合わせ
JP EN

© 2018 Oriental Consultants Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved.

プロジェクト

海外新規開拓

[モンゴル国]過酷な気象条件を乗り越え新空港を建設中。

厳しい気候条件を想定した滑走路のコンクリート舗装。

内陸国にとって、空港は諸外国の玄関口として重要なインフラですが、首都ウランバートルの既存空港は安全面で課題が多く、就航率が低い状態です。今後の空港利用者の急増に向け、新ウランバートル国際空港が建設中です。内陸という地理的特性から資材調達等に課題があり、度重なる設計変更や業者入札を経て工事着工にこぎつけました。また、夏は40℃、冬は-40℃の寒暖差がある厳しい気象条件であるとともに、コンクリート舗装などの屋外工事が施工可能な気象条件(気温5℃以上)が確保できる期間は年間70日間を下回ります。限られた工期のなかで効率的に建設を進めるため、コンクリート舗装工事には画期的な大型自動コンクリート打設工法を活用しました。

旅客ターミナルビルの全景。